カス鳥のブログ

日記とオモシロ記事を書いています。

《記憶》

ただ記憶を話しています

《記憶》色んな人がいることを知る

小学生の頃の話です。 昼休みの時間に、1人のクラスメイトがドッジボールに誘ってくれました。僕はどちらかというと人見知りで、友人が特に多いわけでもなく、今まで誘ってくれるような人はいませんでした。僕は嬉しくて二つ返事でその子について行きました…

《記憶》がわってる

中学3年の春ぐらいの出来事です。 僕には3人の友人がいて、中学生の最後の春休みに毎日の様に遊んでいました。初心者なのにテニスコートを借りて遊んだり、本気の缶蹴りをしたり、いつもいく友達の家でスマブラをしたりと、とにかく暇を潰していました。 …

《記憶》ドア速閉め事件

これは中学2年生の話です。 この頃実は学校に行かない不登校児でした。暇な時間に何をするかというと、2ちゃんを見るか、ゲームをするか、シコるか、映画を見るかでした。 その日はいつも通りツタヤに行って映画でも借りて見ようかと思っていたのですが、…

《記憶》子供の頃怖かったもの

小学生低学年ぐらいの頃、遊園地に行った帰りにあった出来事です。 遊園地で遊び疲れた僕は、車の中でぼんやりと外を眺めていた記憶があります。そこで、ふと目についたのが、マンションの屋上にある丸い貯水タンク。子供だったので貯水タンクであることを知…

《記憶》ピカソが取り憑いた日

中学一年生の時、美術の授業に起こった出来事です。 その日の美術の授業は、自分のクラスが他クラスよりも授業が進んでおり、進捗を合わすために実習ということになりました。 実習といっても、何もしないで良いわけではなく、それぞれ自由に何か一つ作品を…

《記憶》どっかにある残虐性

小学低学年ぐらいの話なんですけど。 実家の玄関にアルコールスプレーの固形版?ジュレ?みたいなのが出るスプレーが置いてあったんです。母親がなかなかの潔癖症なんで、外から帰ると必ずそれで消毒する習慣がありました。 プッシュして出てくる透明で、中…